メガネ屋さん

メガネ屋さん選び

たくさんある眼鏡屋さんの中からどこを選べば良いのか。…迷いますよね。
 
 

まずは人

これは眼鏡屋に限ってではないですが、やはり『人』って大事だと思うんです。
どんなに知識や技術があっても、ぶっきらぼうで聞きたいことも聞けない…。これではダメだと思います。
 
眼鏡って買って終わりではないのです。
もし、フィット状態が悪くて下がってくるだとか、ぶつけて曲げてしまっただとかで、納入後もお店に行くことも出てきます。
長いお付き合いになるので、やはり人は大事だと思います。
 
 

🌼口コミを参考に

初めてであれば、人のことなんてわからないですよね。そういった場合はメガネを掛けている友人にどこで買ったかを聞いて、情報をもらうと良いと思います。
「紹介するよ!」
なんて言ってもらえたら、良いスタッフの可能性が高そうですよね(^^)
 

🌼まずは色々質問してみる

実際にお店に行って、「今日は下見ですが…」でも良いので質問してみましょう!
ここで嫌な顔をされたら候補から外せば良いのです。
 


スポンサーリンク




  
 

立地条件

先程も申し上げたように、メガネは買って終わりではありません。
アフターこそ大切です。
 
例えば旅先で買う…だとかはできれば避けた方が良いです。
万が一壊してしまった時に簡単に行けないのは厳しいです。
 
仮に近くのメガネ屋さんに持っていった場合、簡単な修理で済むものであれば直してもらえる場合もありますが、部品の取り寄せ等が必要になる場合は、購入したお店でないと厳しい場合がほとんどです。
メガネって皆同じように見えるんですけど、全然違うのです。
似たような部品でも、かみ合わせが悪く使えない場合がほとんどです。
できれば何かあった時に行けるお店の方が理想です。
 
 

技術

技術。例えばフィッティング(←メガネを顔に合わせる技術のこと)は買ってみないとわからないし、同じお店でも人によって正直当たり外れはあります。
 
では買う前にわかる技術と言えば
視力測定です。
 
視力測定を丁寧にやって、説明もしっかりしてくれるお店。質問にしっかり答えてくれるお店が良いと思います。
まずたいていは最初に『オートレフ』と言って、眼の屈折異常を測定する器械で測定します。
これで近視があるとか、乱視があるとかおおよその数字が出てきます。
この数字を鵜呑みにして、2~3分で測定が終わるお店はダメだと思います。激安チェーン店に正直多い傾向だと思います。
オートレフの器械の数字は目安です。器械によって誤差もあります。
これをもとに細かい測定を行い、また個人個人によって度数に慣れられるのかといった感じ方も違うので、更に微調整。
お店によってはかなり長い時間をかけて、測定、説明してくれる所もあります。
 
 

眼鏡って度数が合わないと、疲れたり、中には頭痛などで掛けられなかったりすることもあるので、そこをしっかりやってくれるお店の方が良いですね。
眼鏡の作成に急いでいないなら、何店か回ってみるのも良いと思います。
 
 

眼鏡は目の代わりとなるものです。
いい眼鏡、いい店員さんに出会えると良いですよね。
 


スポンサーリンク





 
 
 
ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたします(^0_0^)

メガネ・サングラスランキング