フレーム

似合うメガネの選び方

自分の顔にどういうメガネが似合うのかわからない!
という方。似合うメガネの選び方を紹介しますので参考にしてみてください(^^)
 
 

顔型を分析する


 
①まず、眉毛からあごまでを縦の長さ、顔の1番広い所を横の長さとします。
②次に頬の肉付きがふっくらしているか、ほっそりしているか。
①と②の組み合わせで4種類の顔型に分類されます。

 
A:縦が長い×ふっくら
B:縦が長い×ほっそり
C:横が長い×ふっくら
D:横が長い×ほっそり
 


スポンサーリンク





 
 

美容業界ではたまご型のお顔が、どんな髪型でも洋服でも似合うと言われていて、メガネを掛けることで理想のたまご型に近づけようという考え方です。
 
 

Dタイプ(右下)はもともとたまご型に近いので、極力イメージを変えずフチ無しなどシンプルなものが最適とされています。
Aタイプ(左上)は縦に長いという要素があるので、フレームがぐるりとあるものの方が仕切りができて短く見せてくれます。あとは、フチの太めのものや濃いカラーを選ぶと収縮効果があって◯。そして直線的なラインのものの方が良いです。
Bタイプ(右上)も同じく縦に長いという要素から、フレームがぐるりとあるもの。ほっそりを少し柔らかく見せるために曲線的なやわらかい形がおすすめです。カラーも淡い色の方が◯。
Cタイプ(左下)は縦に少し長さが出て見えるとたまご型に近づくので、上だけのフレームの方が視線が上にいって長さが出て見えます。

 
 
 

あとはこれに加えて、サイズ選びです。
 
バランスの良い黄金比として
 
 

縦は眉毛からあごまでの1/3くらい。
横は顔の1番広い部分とメガネの横幅が同じ、又は少し小さめくらい

がベストとされています。
 
…が、今は大きめが流行っているので、これよりあえて大きめなものを掛ける方も多いです。
 
 
 

フレームの色は?

ものの色は大きくピンクグループオレンジグループに分けられます。

 
普段の自分の洋服等とメガネを統一してあげると良いとされています。
なかなか完全にどちらかって事は無いと思いますが、クローゼットなんかを思い浮かべて、多い方に統一してあげると良いのではないでしょうか。
 
 
あとは、これは皆さんたいていされていると思いますが、試着は必ずしてください!
見ている感じと掛けた感じは全然違いますよ~。
 
 
 
上記を参考にたくさん試着して、お気に入りのメガネを見つけてくださいね(*´∇`*) 


スポンサーリンク





 
 
 
ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたします(^0_0^)

メガネ・サングラスランキング