フレーム

意外と知らないメガネフレームの素材

メガネの素材にも色々あります!
お役立て頂けたら嬉しいです(^^)
 
 
 

プラスチック系フレーム

 

セルロイド

常温では弾力性があり衝撃にも強く、加工性、着色性にも優れています。しかし、紫外線に長時間さらすと黄ばみが出てしまいひび割れを起こします。
また燃えやすいというのも欠点で、170~190℃で発火します。これは大きな欠点であり、最近ではセルロイド素材のものはほとんど無くなりました。
 
 

アセテート

難燃性があり紫外線にもほとんど影響されませんが、セルロイドに比べると衝撃強度がやや劣ります。また、吸水性が多く、汗などをかいているときに長時間使用すると汗を含んで白っぽく変色することもあります。
最近のプラスチックフレームの主流となっています。
 


スポンサーリンク





 
 
 

TR90

ナイロン樹脂の一種で、弾力もあり軽いです。医療現場のカテーテルの素材としても使われているようです。
安価なフレームに多いと思います。
たた、熱を加えても大きく形が変わらないので、フィッティングができません。たまたま掛け心地がちょうど良ければまだ良いですが、きちんとしたフィッティングを求める方には不向きです。
 
 

ウルテム

耐熱性、高い強度、柔軟性に優れていて、医療器具や幼児の食器の素材としても採用されているそうです。
ただ、こちらも同じくフィッティングの自由度に欠けます。
 
 

べっ甲

熱帯地方に生息するウミガメの一種タイマイの甲を熱と圧力で接着して作られています。光沢のある色と美しいはん紋、軽さ、耐久性があることから、古くより手作りの高級なメガネフレームとして扱われてきました。年数が経っても磨くことで光沢を取り戻すことができます。
 
 
 
 
 

メタル(金属)系フレーム

 

チタン

塩分に対して錆びにくく軽いです。人の肌との相性も良く、金属アレルギー対応素材として有効です。
 
 

エクセレンスチタン

メーカーが8年かけて開発した、メガネ素材では特許を取った素材です。とっっっても柔らかくて軽いです。
 
 

合金

色々な種類がありますが、安価商品によく使用されています。肌が弱い方は金属アレルギーが出るリスクはあります。
 
 
 
 

まとめ

私はエクセレンスチタン最強!!と思っています。掛け心地は本当に軽くてメガネをしているのを忘れるくらいです。
 
ただ、デザインが若向けのものが少なく、年配者向けが多く感じるので、もう少しカジュアルに掛けられるデザインが増えるといいな~と期待しています。
 
 
 
あと素材はわりとメガネのテンプル(つる)の内側に書いてあることが多いですよ。 

 
メガネ選びの際にはチラッと見てみてください。
 
 


スポンサーリンク





 
 
 ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたします(^0_0^)

メガネ・サングラスランキング