サングラス

紫外線とサングラス


 
 

紫外線について

紫外線は波長によって「UV-A」「UV-B」「UV-C」の3つに分けられます。
 

UV-C オゾン層で吸収されるので、地上には到達しない。
UV-B 皮膚ガンや白内障などの原因と言われている。UV-Aより100~1000倍近く有毒性があるとされている。
UV-A しわやたるみなど老化の原因。

 
 
 

紫外線は目からも入ってきます。
 
目からの紫外線で日焼けをしたり、老化の原因となったり。
 
 
何より白内障の原因は紫外線と言われています。
 
なので目の紫外線対策も有効とされています。
 


スポンサーリンク





 
 
 

紫外線とレンズの濃さ

よく
「このレンズ色薄いから紫外線カット入ってないんでしょ~?
とおっしゃるお客様がいます。
 
そうではありません。
 
 
 
色の濃さと紫外線は全く別物です!
 
 
紫外線って目に見えないですよね?
 
紫外線カットとは目に有害とされている波長をカットすることです。紫外線は見えないものなので、目に見えていないものをカットしています。
 
無色のレンズにも紫外線カットされているものはたくさんあります。
 
 

また、紫外線カットしているから眩しくないと勘違いされがちですが、紫外線カットだけでは眩しさは防げません。
 
 
もし眩しさも軽減したいとのことなら、レンズに色が入ったものが必要になります。
色の濃さは眩しさを防ぐためのものです。
 
 
 
なので、反対に言うと色が濃くても紫外線カットされていないレンズもあります!お気をつけ下さいね!
 
 
 
 

紫外線カットしているレンズの見分け方

サングラスのタグを見てみると、紫外線透過率という表記があります。
この数字が1%未満とかだとまず安心です。
『99%以上の紫外線をカットしている』という意味になります。
 
 
あとは参考までに
可視光線透過率という表記もあります。
こちらはどれだけ眩しさを防ぐかという参考になります。
この数字が小さいほど『眩しさを防ぐ』ということになります。
 
 
例えば可視光線透過率20%と、可視光線透過率60%でしたら、可視光線透過率20%の方が眩しさを防ぎます。
レンズの色も数字が小さいものの方が濃いものが多いです。(←色味の違いもあるので必ずしもではないです。)
 
 
 
 

まとめ

もうすぐ冬ですが、冬だって紫外線はあります。
ぜひ目の紫外線対策もしてみてくださいね。
 
 

 
 
 
 
ランキングに参加しています。
よろしければポチッとお願いいたします(^0_0^)

メガネ・サングラスランキング