プラスチックレンズとガラスレンズ

mina
メガネレンズにはプラスチックレンズとガラスレンズがあります。
それぞれ良いところと悪いところはあります。
メリットデメリット、参考にしてくださいね!
 

プラスチックレンズ

◯メリット

・軽い
・落としてもまず割れないので安全性が高い
・カラーを入れる場合は種類が多い

 

×デメリット

・キズにはデリケート
・コーティングがはがれると、かなり見えにくくなってしまう。

 
 

スポンサードリンク




 
 

ガラスレンズ

 

◯メリット

・キズに強い
・透明度が高い
・高屈折率(最大1.90まで)なので、プラスチックレンズの最高レベルより薄くできる。

プラスチックレンズの最大の屈折率は1.74です。
 

×デメリット

・重たい
・衝撃があったとき、割れるリスクがある
・カラーは限られた色しか入れられない
・穴をあけられないので、フチ無しフレームには対応できない
・ナイロールフレーム(←上だけ、及び下だけにフレームがあるタイプ)も、レンズに溝を彫るので原則厳しい。

たまにガラスレンズでナイロールフレームの方もいますが、少しの衝撃で溝から割れたり欠けたりするリスクは高いです。
 
 
 

どっちがいいの?

人それぞれと言えばそれぞれなのですが…。
私はプラスチックレンズがおすすめです!
 
シェア率もプラスチックレンズが9割くらいではないかなと思います。
種類もプラスチックレンズの方が豊富です。
 
でもガラスレンズじゃなきゃ絶対嫌!という方もやっぱりいらっしゃいます。
 
例えばものすごーく強度の方
ガラスレンズの方がより薄く仕上げられるものがあるので、薄さを求める方。
 
あとは仕事上レンズにキズがつきやすい方。
キズの強さの面でガラスレンズを求める方もいます。
 
ただそういった事が特になければやはりプラスチックレンズの方が安全です。
ガラスは割れるんですよ(´-ω-`)そして重たい。
 
メガネを調整するときに、フレームの形を変えるために力を加えただけで割れることもあるので、ガラスレンズの場合はわざわざレンズを外してから調整したりもします。
 
プラスチックはガラスと比較すると、確かにキズにはデリケートですが、お手入れ方法でだいぶ持ち具合は変わってきます。

 
私はプラスチックレンズですが、5年以上使っているものでもほとんどキズはついていません。
そしてキズ防止コートのクオリティも上がってきてかなりキズに強いものも出てきています。
 
軽いし、割れにくいし、色々な形状のフレームにも対応できるので私はプラスチックレンズがおすすめです。
 
あとは最近よく耳にする、ブルーライトカットレンズ。これはプラスチックレンズしかできません。
市販でよく売られているブルーライトカットメガネや、サングラスなどはプラスチックレンズです。
 
お子様、学生様は99%プラスチックレンズを使用されていますね。
 


 
 

ガラスレンズを選んだ学生様

こんな方がいました。
 
正確に言うと、お父様がガラスレンズを強く希望していました。
お父様はキズの強さでガラスレンズを長年愛用していました。
 
そして2週間後…

割れた~危なかった~(汗)(+_+)
と来店されました。。(((^^;)
 
大人と子供ではどうしても扱い方や、環境が違いますよね。
 
 
スポンサードリンク




 
 

終わりに

プラスチックレンズとガラスレンズのメリット、デメリットをお話させて頂きました。
ご自身の使用状況を考えながらお選びくださいね(^^)
 
最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m
 
 
 
ランキングに参加しています(^0_0^)

にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ