サポートレンズ パソコンなど近くを長時間見る方に

近くを酷使することが多い時代

スマホやパソコン、長い時間使う方多いですよね。
 
私もこんなブログ書いている間、目は集中して近くを見ているのでやっぱり疲れます。
 
近くを見るときって遠くをボンヤリ見ているときと違って、水晶体が膨らみ、目の筋肉を無意識に使って見ているんですよね。調節といいます。カメラで例えると『絞り』のような感じです。
 
長時間調節しっぱなしなんですから、そりゃあ疲れます。
 

 
 




 

調節の負担を減らしてくれるレンズ

それがサポートレンズです!
 


 
上の素敵なイラストのように、レンズの上部が遠くを見る部分、下部には調節の負担をやわらげてくれる度数が入っています。=ファンクションエリア
 
人は近くを見るときは自然と目線はレンズの下部を通りますから、その部分がファンクションエリアとなっているわけです。
 
 
 

調節力

調節の力は、年を重ねるごとに弱くなります。
それが本当に弱くなってしまうと老眼となるわけです。
 
サポートレンズは老眼になる手前のアラフォー世代の方に「楽だ!」と最も喜んで頂いています。
 
完全に老眼の方にはサポートレンズだと近くは物足りないです。
 
反対に10代20代の方は調節の力はすごくあるので、イマイチ違いがわからないという方も多いです。
パッと見はわからなくても、長時間使用すると疲れにくさを感じるかもしれません。
 
でも実感は無くても、無意識レベルですが調節の負担をやわらげてはくれているので、おすすめではあります。
 
 

スポンサードリンク




 
 

終わりに

サポートレンズにブルーライトカットをすると、よりパソコン、スマホ対策はバッチリですね!
眼鏡店にもおそらくテストレンズはあるはずなので、ぜひ試してみたら良いと思います!
 

サポートレンズで作ってください!
なんて言ったらなかなか通かもしれません(笑)
 
私そうやって言われたら、きっとけっこうビックリします(笑)
眼鏡業界の人かな?とかいらない警戒してしまったりして(笑)
 
目の疲れに悩んでいる方、試してみる価値はアリですよ♪
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
 
 
 
ランキングに参加しています(^0_0^)

にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ