メガネのあれこれ豆知識目のあれこれ豆知識

近視 遠視 乱視の違い

近視、遠視、乱視ってよく聞きますが違いってわかりますか?
なんとなく・・・って方が多いかもしれませんね。
解説していきますので参考にしてみてください^^
 
 

物を見るしくみ

物を見ているときは
光が水晶体(カメラで例えるとレンズ)を通り、

網膜(カメラで例えるとフイルム。映像を記憶するところ。)
網膜で記憶した映像が脳に伝達されて、物を見ています。

上のしょぼいイラストのように網膜でピントが合わない目を屈折異常といい、その状態によって
近視・遠視・乱視に分けられます。


スポンサーリンク


 

近視

近視は、はるか遠くを見るときに網膜の手前でピントが合ってしまう目です。
近くのものは網膜でピントが合うので見えますが、遠くのものが見えません。

その強さを数字で表すのですが、その強さによって4段階に分けられます。(数字が大きいほど度数が強い)

・弱度近視・・・-3.00未満
・中度近視・・・-3.00~-6.00未満
・強度近視・・・-6.00~-10.00未満
・最強度近視・・・-10.00以上

 
 

とりあえず
近くは見えるけど遠くはボヤけるってことです。
 

 

遠視

遠視は、網膜の後ろでピントが合ってしまう目です。

やっかいなのが弱い遠視だと、水晶体がふくらみ無意識にピントを合わせてくれる(調節)ので視力にはあらわれません。
ただ、無意識に水晶体がふくらみ目の筋肉を使ってものを見ているので、目には大変負担がかかっており疲れやすい目です。

反対に強い遠視だと遠くも近くもボヤけます。

たまに近視の反対だから、「近くが見えなくて遠くが見える」と思っている方もいらっしゃるのですが(⇐弱い遠視だとそういう方もいるのですが)実はそんなに単純ではありません。
 
 

とりあえず
弱い遠視は視力としては悪くない。ただ遠くより近くの方が見えにくい傾向にはある。(近くを見るときの方がより調節をしなければいけないため)
強い遠視になると遠くも近くも見えない

うーん。ややこしいですね(;^_^A
 
 

乱視

乱視は、目に入った光が焦点を結ばない状態の目の事を言います。(一点でピントを合わせることができない)
そのため
物が二重に見えるという見え方をします。

 
 
 

同じ視力でも近視の人もいれば、乱視の人もいれば、遠視の人もいて人それぞれです。
一応視力に関しても少し書いておきますね。
 
 

運転免許と視力

・中型免許(普通免許)・・・両目で0.7以上。片方で0.3以上
片方0.3未満の方は、良い方の視力が0.7以上で、かつ視野が150度以上あること。
・大型・・・両目で0.8以上。片方で0.5以上
深視力(奥行)=3回測定し、誤差が2㎝以内

 
 

学校の視力

A・・・1.0以上
B・・・0.7以上
C・・・0.3以上
D・・・0.3未満

 
 
メガネを掛け始める視力の目安としては0.7を下回ってきたあたりかと思うのですが、
遠視など視力で表れない屈折異常もあるので、理想は年に1度くらい眼科さんで検診を受けることだと思います。
 
 
目を大切にしましょうね^^
 


スポンサーリンク




 
ランキングに参加しています(^0_0^)

メガネ・サングラスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です