メガネ屋さん

眼鏡店の下見のポイント

下見のポイント

 

店員さんの雰囲気

メガネ屋さんに入ったら私はまず店員さんの雰囲気を観察します。
・入店した時のあいさつ
・自分を気にかけてくれているのかどうか。
 
そして話しかけて下さった店員さんには
「今日は下見です」
としっかり伝えます。

 
 
ここで露骨に嫌な態度など取ってきたらそれはもう論外ですよね。
でもたまたま当たりが悪かっただけで、良い店員さんもいるのかもしれないけど。
 
 
たいていはこころよく見せてくれると思います。
 


スポンサーリンク




 
 

何を見たらいいの?

・まず全体を良く観察
私は店内がキレイに整理整頓されているかなとか
品揃えは多いのか
 
あとは自分の主観で良いので雰囲気ですかね。
なんとなく「良さそうだな」「ビミョーだな」
感覚的な話ですけどね。
 
 
 

何個か試着してみる

全体を見まわしたら、気になるメガネを数本試着してみましょう。
見ているのと、掛けたのとでは
全然感じが違うこともあります!
 
 
 

見積もりを出してもらう

ここで大切なのは
自分が今まで使っていたメガネを持っていきましょう
 
度数が多少変わっているであろう場合も、店員さんは想定していますし、
レンズを見ることでその眼鏡のレンズのグレードをおおよそ把握できます。
 
レンズも何十と種類があります。
※参照⇒レンズの値段の違い
 
 
ただ「メガネっていくらですか?」
と言っても一概に答えるのは難しいもの。
 
 
逆に何も見ずに
「〇〇円です」
なんて答えてきたらとても不信感です。
 
 
簡単に安いのでいいんだ!
とおっしゃる方もいますが、レンズは本当に大切ですよ。
 
目の代わりととなるものですからね。
 
以前両面非球面という、1番ゆがみの少ないレンズを使っていて
今回は「安いレンズで」
ということで購入されて
(もちろんレンズのグレードを下げるリスクは再三説明しました)
 
 
あとから全く見え方の感じが違って使い物にならなく
お金を捨ててしまったようなもの・・・
ということになった方も見たことがあります。
 
 
なので
メガネを新しくする時、および下見の時は
必ず今まで使っていたメガネを持っていきましょう。
 
 
 
私メガネ初めてなんですけど!
って方は・・・
可能であれば視力測定をしてもらうのが1番良いのですが。。。
(度数や使用用途によってオススメするグレードは変わってきます)
 
 
一応お店が混んでいる時は避けた方が良いです(;・∀・)
 
そして丁寧に
「きょうは買うかわかりませんが、視力測定だけでも大丈夫ですか?」
とお伺いしてみましょう。
 
 
通常お店が混んでいなければ丁寧に対応してくれるとは思うのですが、
ここで面倒くさそうな態度とかだったら、そのお店はやめた方がいいかもしれませんね(^-^;
 
 

まとめ

メガネ店下見のポイントとして
 

・店員さんの雰囲気を見る
・お店全体の雰囲気を見る
・フレームの試着をする
・見積もりを出してもらう

を上げさせていただきました。
参考になれば幸いです^^
 


スポンサーリンク




 
ランキングに参加しています(^0_0^)

メガネ・サングラスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です