メガネのあれこれ豆知識

視力測定でよくやるコレって何?

突然ですがコレ

 
見たことありますか??
 
 
これはレッドグリーンテストといって、目のレンズの色収差というのを利用し、度数が強すぎないか、弱すぎないか等の微調整を行っています。
けっこうしつこく聞かれませんか?
「赤のマルと緑のマルどちらが見やすいですか?」って。
 


スポンサーリンク




 

原理

かなり専門的な話になります。
興味の無い方は下の『要するに』からお読み頂くと良いと思います。
 
人の目は
外から入ってきた光が網膜(カメラで例えるとフイルム。映像を記憶する役割)に焦点を結んで
その情報が脳に伝わってものを見ています。
 
光も波長によって若干屈折率が変わります。
これを色収差と呼ぶのですが、この原理を利用しています。
 
 
この図の左側は近視です。
網膜に近いのはなので、近視、または近視の弱矯正の場合は赤が見やすくなります。
 
反対に度数を入れすぎると、人工的に遠視のようになってしまい、緑が見やすくなります。
 
 
図の右側は遠視です。
網膜に近いのはなので、遠視、または遠視の弱矯正の場合は緑が見やすくなります。
 
反対に度数を入れすぎると、人工的に近視のようになってしまい、赤が見やすくなります。
 
 
要するに

近視の方
・近視の度数が弱い状態なら赤
・近視の度数が強すぎる状態なら緑
が見やすい。
同じくらいか、やや赤が見やすいのが理想
 
 
遠視の方
・遠視の度数が弱い状態なら緑
・遠視の度数が強すぎる状態なら赤
が見やすい。
遠視の場合は近視よりやっかいで、調節といって目の筋肉が無意識にピントを合わせようとするので一概に言えない場合もあります。
 

 
 
どちらにせよ、おおよそ同じくらいに見えているのが理想ですが
どちらかが極端に見やすい場合は、メガネの度数が合っていないかもしれません(^0_0^)
 
 
 
次にコチラ

 
これは放射線テストと言います。
この線の濃さがバラバラに見えたら注意ですよ。
 
本当は全部同じ濃さなのですが、乱視があると濃さにバラツキが出てきます。
 
 

終わりに

今日はレッドグリーンテスト放射線テストを紹介させて頂きました。
 
マルの濃さや、線の濃さがバラバラだった方は視力測定をしてみても良いかもしれませんね^^
 


スポンサーリンク




 
ランキングに参加しています(^0_0^)

メガネ・サングラスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です