目のあれこれ豆知識

老眼対策 モノビジョン法ってどうなの?メリットデメリット

老眼

45歳くらいを過ぎてくると近くを見るときに離さないとボヤけてしまったり・・・。
 
近視の方で
「メガネを外せば近くが見える!」
とおっしゃる方もいますが
近視のメガネをしている状態で近くが見えないのも老眼です。
(老眼でない方は、近視のメガネをしていても近くが見えます)
 


スポンサーリンク




 

老眼の原理

人はモノを見るときに「水晶体」というカメラで例えるとレンズのようなものを
伸び縮みさせてピントを合わせています。
 

◆遠くを見るとき
水晶体は伸びた状態です。
◆近くを見るとき
水晶体が膨らんでピントを合わせています。

 
その働きが年齢を重ねると衰えてきて、近くにピントが合いにくくなることを「老眼」と言います。
 
 
 
 

でも老眼鏡には抵抗がある。

モノビジョン法

そこでうまれたのがこのモノビジョン法と言われるものです。
 
※モノビジョン法とは
利き目である方の目に「遠く」の度数
反対の目に「近く」の度数

のコンタクトレンズを装用します。
 
脳が遠くを見るときと、近くを見るときで
見やすい方を選んでくれる・・といった方法です。
 
 

<余談>
☆利き目を知る方法
手を伸ばして小さい三角形を作って下さい。
その三角の中に何でも良いので、目的となるものを入れます。

片目ずつ閉じて(ウインクはできますか?笑)
その目的物が見える方が「効き目」です!

 

スポンサーリンク




 

モノビジョン法メリット

・老眼鏡が無くても近くが見える。
 
 
 

モノビジョン法デメリット

左右で見え方が異なることに脳が対応出来ない場合もある。
(その際は頭痛や眼精疲労を起こしてしまう原因となるようです。)
・見え方の質は両目で見ている時と比較して劣る。
 
 
 

ちなみにメガネでは難しいと思います。

基本メガネのブログなのですが・・・。
モノビジョン法はメガネでは厳しいでしょう。
メガネの方がコンタクトよりも、レンズを通して見たときに
物の大きさが違って見えますし、収差というメガネ独特の歪みもあります。
 
その左右差を脳で処理するのはまず難しいと思います。
 



 
 

我流では絶対にやらないで!

上記デメリットのように、リスクはあります。
必ず眼科さんの指示のもと行うようにしてくださいね!
 
 
 

まとめ

モノビジョン法とは
効き目に「遠く」、反対側に「近く」の度数のコンタクトレンズを装用する事で、老眼鏡なしでも近くを見ることを可能とする方法。
ただし、脳が左右差をうまく処理できない場合もある。
という記事でした。
 
ちなみにこの状態をレーシック手術で作るという方法もあるようです。参考までに。
 
以上参考になると嬉しいです^^
最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m
 
ランキングに参加しています(^0_0^)

メガネ・サングラスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です