レンズだけ変えたいけど出来るの?

レンズのみの購入

レンズだけの交換は、フレームだけの交換よりはずっとハードルが低いと思います。
基本は出来るものが多いです。
 
ただ、リスクも伴うので、「フレームを自分で持ち込んでレンズだけ買う」というのは、
そのメガネ屋さんの考えによっても可能か不可能か違ってきます。
 
 

スポンサードリンク




 
 

レンズ交換のリスク

フレームの素材が痛んでいると、壊れてしまうリスクも。

年数が経って素材が劣化していると、レンズを入れ替える工程の時に壊れてしまう事もあります。
 
 
【特にセルフレームの方が壊れやすい。】
セルフレーム(プラスチック)のレンズを入れ替える方法は、
熱を加えて素材を柔らかくしてから、レンズを手ではめ込みます。
そのはめ込んだ時に、プラスチックが割れてしまうことがまれにあります。
 
こればかりはいくら気を付けてやっても、壊れる壊れないはやってみないとわからないです。
 
 
 
【メタルフレーム】
それに比べてメタルフレームは、ネジで止めるものが大半なので、壊れる可能性は低いです。
でもゼロでは無くて、ネジを止める工程で『リム切れ』といって金属が切れてしまうこともあります。
 
 
 
【ナイロールフレーム】
フレームが上だけ(又は下だけ)にあるタイプです。
レンズに溝を掘って、ナイロン糸で吊ってあるような設計ですが、
壊れるリスクはメタルフレームと同じくらいだと思います。
 
 
 
【ツーポイントフレーム】
フチ無しフレームです。
レンズに穴をあけて、ネジで止めるタイプのものは基本交換は可能ですが
まれにレンズに金属を埋め込んだような特殊な作りになっているものもあります。
特殊なものは専用の機械が無いと加工できないものもあるので、交換不可の場合もあります。
 
 

スポンサードリンク




 
 

まとめ

レンズの交換は出来るにしても壊れるリスクは伴うので、メガネ屋さんによっては
『他店で購入したフレームでは受けつけない』というところもあるかもしれません。
 
あとは現物を見てもらいながら、店員さんと相談してみてくださいね(^0_0^)
 
最後までお読み頂きありがとうございました。
 
 
 
ランキングに参加しています(^0_0^)

にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です