目のあれこれ豆知識

テレビやゲーム等の上手な付き合い方

テレビやゲーム、パソコン、スマホ・・・。
現代の子供は(大人もですが)こういった映像社会から切り離せないと考えます。
 
テレビ、パソコン、スマホ類を一切見ないなんて、このご時世「無理」ですよね^^;
 
見ること自体は何も悪い事ではないと思います。
問題はその「見方」です。
 

スポンサーリンク




 
 

テレビ等映像を見るときの注意点4つ

①3メートル以上離れて見る

近くで見続けると、無意識に目の筋肉をたくさん使って見続けることになります。これを調節といいます。
【関連記事】👇

サポートレンズ パソコンなど近くを長時間見る方に


調節が続くと、ピントを合わせる筋肉が緊張しっぱなしで遠くにピントが合いにくくなってしまいます。
なので、できれば3メートルは欲しいところです。
 
 
 

②照明の明るい部屋で見る。

映画のように暗くして見ると雰囲気は出ると思いますが・・・自宅では控えましょう。。(;´∀`)
暗い所で見ると、より画面が眩しく感じ、目の負担になります。
明るい部屋で見るようにしましょう。
 
 
 

③長時間見続けない

理想は30分見たら5分休む。
コマーシャルの間は遠くを見続ける・・・です。
 
夢中になるとなかなかできませんよね。
私もけっこうできていないです(汗)
 
 
 

④正しい姿勢で見る。

背筋を伸ばした姿勢で見るようにしましょう。寝転がって・・・はNGです(;^ω^)
 
 

スポンサーリンク




 
 

テレビゲームは。

ゲームは3メートルも離れるのは難しいかもしれませんが、できるだけ画面から離れるようにしましょう。最低1メートルくらいは確保したいところです。そして先ほども書きましたが明るい所でやるようにしましょう。
 
時間は1日1時間程度が理想。←なかなか難しいですよね^^;
30分ごとに遠くを見て目を休ませる・・といったことも心がけましょう。
 
あとは熱中していると「まばたき」が少なくなり、ドライアイの原因になりますので、意識的にまばたきを
というのも大切かもしれません。
 
 
 

まとめ

テレビなどの映像を見るときは
明るい部屋で離れて、正しい姿勢で見る。
長時間見たら、遠くを見て目を休める。
意識的なまばたきも大切。

 
目は取り替えることができないのに、ずさんに扱っている人が多い。というお話を聞いたことがあります。
確かに。。。といった感じです。
私もこういった記事を書いているくせに目をあまりいたわっていません(汗)
皆様、お互いに目を大切にしましょうね(^0_0^)
 
最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m
 
 
 
ランキングに参加しています(^0_0^)

メガネ・サングラスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です