度付きスイミングゴーグル 度数のポイント

メガネの度数とスイミングゴーグルの度数は違います!

空気中と水中の屈折率の違い

mina
空気の屈折率が1に対して水中の屈折率は1.33です。

 
簡単に言うと水中の方が度数は弱くて良いということになります。
メガネと同じ度数のゴーグルだと水中では強すぎる!ということです。
 
 

スポンサードリンク




 
 
 

スイミングゴーグル度数の計算方法

①近視の場合

度数はメガネの約8割ほどでOKです!
正確な数字としては0.86倍となります。
 

計算方法
近視度数×0.86
 
 
mina
計算方法の一例です。
【例】メガネで近視S-3.50
-3.50×0.86=-3.01

ゴーグルの度数は-0.50刻みですから、この場合は-3.00の度数で良いでしょう。
計算で出た数字より小さい数字で近いものを選べばよいと思います。
【例】メガネで近視S-4.50
-4.50×0.86=-3.87

この場合、-4.00を選びたくなりますが、計算で出た数字より小さい数字の方が良いので-3.50の方が良いかなと思います。
 
 
 

②近視と乱視の場合

スイミングゴーグルには基本乱視入りは無いので(オーダーメイドならあります
まず等価球面と言って、乱視度数の相当分を近視度数に換算する計算をします。

mina
ちょっと専門的になってきました。(゚д゚)!
【乱視度数を近視(遠視)度数に換算する計算】
近視度数+(乱視度数×0.5)
ただ、あくまでも簡易的なものなので人によっては若干違和感を感じる方もいると思います。
(個人的には乱視度数-1.50以上の方は、ちゃんとオーダーで乱視入りものを作った方が良いような気がします。)
 
このあとは①近視の場合と計算方法は同じです。
 
【例】メガネでS-4.50 C-1.00
まず等価球面値を求める。
-4.50+(-1.00×0.5)=-5.00
 
あとは①近視だけと同じ
-5.00×0.86=-4.3

よってこの場合は-4.00を選べば良いでしょう。
 
 
 



 

③遠視の場合

遠視の場合は1.13倍となります。
 

計算方法
遠視度数×1.13
 
 
【例】メガネで遠視S+2.00
+2.00×1.13=+2.26

遠視の場合は近視の逆で
計算で出た数字より大きい数字で近いものを選べばよいと思います。
なのでこの場合は+2.50を選べば良いでしょう。
 
 
 

④遠視と乱視の場合

基本の考え方は②近視と乱視の場合と同じです。
ただ、符号がちょっとややこしいかもしれません。
 

【例】メガネでS+3.25 C-1.50
まず等価球面値を求める。
+3.25+(-1.50×0.5)=+3.25+(-0.75)=+2.5
 
あとは③遠視だけと同じ
+2.5×1.13=+2.825

よって+3.00を選べばOKということになります。
 
 
 
 

まとめ

スイミングゴーグルの度数はメガネとは違いますよというお話でした。
ちょっと堅苦しい計算ばかりになってしまいましたが・・・。
参考になりますと幸いです(^0_0^)
 
最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m
 
 
 
ランキングに参加しています(^0_0^)

にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です