今流行りのクラシック系や丸メガネ。どうやって選ぶ?

丸メガネが流行っていますね^^

最初見たときは抵抗がありましたが、今やたくさんの方が掛けていらっしゃいますね(^0_0^)
目が悪くなくてもファッションとして掛ける方もいるくらいです。
 
そんなクラシックタイプのメガネ。
みんな同じような感じに見えますが、選ぶポイントはあるので紹介させていただきますね!


 
 

顔型の分析

【顔型の分析の仕方に関してはこちらでふれているので、ご参照ください。】

似合うメガネの選び方


その結果4つのタイプに分かれます。

A・・・縦が長くふっくら
B・・・縦が長くほっそり
C・・・横が長くふっくら
D・・・横が長くほっそり

スポンサーリンク





 
 

Aタイプ(長くてふっくら)さんにおススメなのは


『ウエリントン』(台形)タイプです!
 
長くてふっくらさんには「ふっくら」という要素があるため、あまり丸すぎるとよりふっくらを強調してしまうので、直線的な要素があった方がよいです。
また、ある程度縦に大きい方が、「長い」の要素を区切ってくれるのでバランスが良いです。
 
 
 

Bタイプ(長くてほっそり)さんにおススメなのは


「ほっそり」の要素なので曲線的な『ラウンド』(丸)タイプや『ボストンタイプ』がおススメ!
 
Aタイプと同じで、「長さ」を区切る点ではある程度縦に大きい形。
ボリュームはメタルフレームなどのあまり強調しないものの方が相性が良いです。
 
スポンサーリンク





 
 
 

Cタイプ(短くてふっくら)さんにおススメなのは


ちょっと勇気のいるデザインかもしれませんが『ブロウ』タイプがオススメです!
 
「短い」の要素があるので上にポイントがあった方がバランスよく見えます。
あまり縦に大きいものだと長さを区切る効果になるので、あまり縦に大きくない方が相性が良いと思います。
 
 
 

Dタイプ(短くてほっそり)さんにおススメなのは


『ラウンド』(丸)や『オーバル』(卵)タイプです!
 
「ほっそり」の要素なので極力やわらかいイメージのもの。ボリュームもあまりない方がおススメです。
 
 
 

全タイプ共通で言えること

顔の横幅の一番広い部分メガネの横幅がだいたい同じくらいの大きさを選んだ方がバランスが良いです(^0_0^)
 
 
 




 

まとめ

今流行りのクラシック系、丸メガネの選び方のポイントをまとめました。

A縦が長くふっくら⇒『ウエリントン』(台形)タイプ
B縦が長くほっそり⇒『ラウンド』(丸)タイプや『ボストン』タイプ
C横が長くふっくら⇒『ブロウ』タイプ
D横が長くほっそり⇒『ラウンド』(丸)や『オーバル』(卵)タイプ

参考になると幸いです。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
 
 
ランキングに参加しています(^0_0^)

メガネ・サングラスランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です