お風呂ではメガネを掛けない方が良いです!

お風呂とメガネ

mina
皆様はお風呂に入る時メガネを掛けて入りますか??
 
本当に目が悪くて見えないのであればやむおえないと思いますが、できることならお風呂ではメガネをしない方が良いです。
 

 
 
スポンサードリンク




 
 

※レンズのコーティングが剥がれてしまう原因になります。

眼鏡のレンズにはコーティングと言って、反射防止や、傷防止等の薄い膜が貼ってあります。
最近話題のブルーライトカットもコーティングです。

コーティングが剥がれてしまう原因
・熱に弱い(お湯は相性が悪いです)
酸性やアルカリ性のものでメガネを洗ってしまった。
石鹸やハンドソープ、ボディーソープ類はほぼアルカリ性です。
 
◆こちらの記事も参照ください◆
メガネの正しいお手入れ方法
 
mina
ちなみにコーティングが剥がれると、すりガラスのような感じで・・かなり見えにくくなってしまうんですよね。
 
 
 

そこで登場!『お風呂用メガネ』!!

お風呂でメガネするなって言われても・・・。自宅ならともかく、温泉とかだったらしないと全然見えないよ。
いやいや確かに。
 
私は温泉などは、1番古いもうどうなってもいいメガネをして入りますが、こんなものもあります^^


★金属製のネジパーツ等をいっさい使用していないので、 濡れても腐食の心配はありません。
★常温耐熱温度は80~100℃。サウナや高温の場所での使用も可能です。
但し、やはりアルカリの成分には弱いので、極力石鹸やボディーソープがかからないようお気を付けください。
 
ちなみに度数は近視および遠視のみの大雑把な度数なので、乱視度数の強い方などはあまりよく見えるものではないかもしれません。
また、使っていて頭痛など具合が悪くなったら即使用を辞めてください。
 
mina
メインメガネとしては使用しないでくださいね!
度数がメインで使用するには大雑把すぎます(汗)
 
 
スポンサーリンク





 
 

まとめ

メガネを掛けてお風呂に入ると、メガネが傷んでしまう原因になりますので
古くてどうなってもよい眼鏡か
お風呂用メガネ

をして入ることをお勧めします。
 
最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m
 
 
 
ランキングに参加しています(^0_0^)

にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です