老眼治療 リーディングアイって何?メリットとデメリット

リーディングアイとは?

老眼治療です。
老眼治療は他にも「モノビジョンレーシック」「多焦点眼内レンズ」等ありますが、
 
【参照記事】

老眼って治療できる?老眼治療のメリットデメリット

2018.10.19
今回紹介するこの「リーディングアイ」も大変注目されてきています。
 
 
【リーディングアイ】とは、角膜(←黒目)内に「カムラインレー」というコンタクトレンズよりも更に小さいリングを挿入する施術です。「カムラインレー」には真ん中に小さな穴が開いており、「ピンホール効果」で近くの物が見えるようになります。
mina
小さい穴から覗いて物を見ると、光が細く集束されて目の中に入ってきます。そうするとピントが合いやすくなるので見やすくなります。この原理を用いています。
 

 
 

リーディングアイ メリットデメリット

メリット
・メガネやコンタクト無しでも遠くも近くもよく見えるようになる。見え方の質は他の老眼治療より良いと言われている。
・「カムラインレー」は白内障手術後に使用される眼内レンズと同じ素材なので、安全性が高い。
デメリット
・老眼が進行すると見えにくくなることもある。
・ハロー・グレア(夜間に光がにじんで見えたり、まぶしく感じたりする症状)が起きることがある。
・ドライアイが強く出ることもある。
・費用が高い
 
 

手術の時間

「手術」と聞くと入院のイメージがあると思いますが
リーディングアイの手術時間は10分程度だそうです。
日帰りで出来てしまいます!!

mina
そんな早いの!??
 
 
スポンサードリンク




 
 

気になる費用は??

安くて30万円くらい。上は100万円超えるものもあります。

mina
ひぇぇぇぇぇ!!高い!!(;゚Д゚)
 

値段の違いって??

・レーシック(近視や乱視の治療)と一緒に老眼治療が出来るか。
・使用する機器の違い。良いものだと見え方の質も向上する。
・保証期間の違い。
・最高峰レベルになってくると、角膜の保護(クロスリンキング)を行った上でリーディングアイを行う。
こういった金額の違いです。
 
 
スポンサードリンク




 

終わりに

老眼も治療できる時代となってきました。
そしてどんどん色々な方法が出てきていますね。
これから先もまた新しい治療法が開発されるかもしれませんね。
 
「リーディングアイ」や老眼治療が気になった方。
こちらから無料検査無料説明会の予約をすることが出来ます。
⇓⇓⇓
老眼治療
 
 
最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m
 
 
 
ランキングに参加しています(^0_0^)

にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です