メガネの歴史

メガネの発明に関しての正確な時期と発明者は諸説ありますが
1280年から1300年の間にイタリアで発明されたことはほぼ確実とされています。
初期の眼鏡は凸レンズを使っており、もっぱら老眼鏡として使われていました。

近視を凹レンズで矯正できることを発見したのは、ニコラウス・クザーヌス氏とされています。ただし、凸レンズや凹レンズによる視力矯正を理論付けしたのはヨハネス・ケプラーの光学や天文学の論文であり、1604年のことです。

また、日本に眼鏡を伝えたのは、宣教師フランシスコ・ザビエルで、周防国の守護大名・大内義隆に謁見した際に献上したのが最初といわれています。ただし、これは現物が残っていません。
現物で残っている日本最古の眼鏡は、室町幕府12代将軍足利義晴が所持していたと伝わるものがあります。一説には、義隆の物より、義晴が所持していたものの方が古いとも言われているようです。また徳川家康が使用したと伝わる眼鏡も久能山東照宮に現存しています。
 
日本でも、眼鏡はやがて国内で作られるようになり、江戸時代の半ばほどにもなると、江戸や大阪の大都市では、眼鏡を販売する店が出るようになりました。
 
 

スポンサードリンク




 

最初は手で持つメガネ

最初は今のように掛けるタイプではなく、手で持って物を見ていました。


 
最初の手持ち式眼鏡が現れてから350年以上も経た17世紀になると、眼鏡をヒモで耳に掛けるタイプのものが出てきます。
 
 

鼻当てを考えたのは日本人?

ヒモで耳に掛けるタイプのメガネをを西洋人が掛けても、鼻が高いのでレンズとまつ毛が接触しませんが、日本人は鼻が低いので眼鏡が顔にくっついてまつ毛が当たってしまいます。これを防ぐために鼻当てを考えたのが日本人だと言われています。


 
 

現在のようにつるを耳にかけるタイプ

現在のようなつるを耳にかける形のフレームは、1727年にイギリスの眼鏡屋エドワード・スカーレットが開発したと言われています。
 
18世紀末になると、色々なタイプのメガネがフランスで作られ世界的に大流行しました。その流行の先端となったのが当時の貴族達。
これ以降、それまで機能性にしか目を向けられなかったメガネに「ファッション」という概念が加わりました。
 
そして改良が重ねられ、現在に至ります(^0_0^)
 
 

スポンサードリンク




 

終わりに

mina
メガネ考えた人すっごい!!
ほんとこの一言。
だってメガネが無かったら・・目が悪い人はボヤけたままが当たり前なわけで。
そんなの嫌じゃないですか(笑)
 
だから1番最初に【レンズを通して物を見たらピントが合った】って気付いた人、本当にすごいです!
 
これから未来にはもっともっとすごいメガネが発明されているかもしれません。
掛けなくていいメガネとか(笑)レンズだけ目の前に浮いてるの(笑)

 
最後グダグダになってしまいましたが、メガネの歴史をお話させて頂きました。
最後までお読み頂きありがとうございましたm(__)m
 
 
 
ランキングに参加しています(^0_0^)

にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です