大きいメガネの歪みについて 

大きなメガネに変えたら見え方に違和感?

そんなに頻繁なケースではありませんが
今流行りの大きなメガネに変えたら、見え方に違和感がある!
という方がたまにいらっしゃいます。
 
特に
・今までのメガネがとても小さかった。
・度数がかなり強くなった。

という方に多い傾向にあります。
 
 

スポンサードリンク




 

なぜなの??

メガネのレンズは度数を入れたときに
「収差」と言って独特のユレ、歪みが出ます。
そしてその収差は度数が強ければ強いほど出ます。
 
これはメガネを掛けるうえで慣れなければいけない部分で
掛けているうちにだんだん慣れてくる方が大半です。
 
またレンズの周辺にいけばいくほど収差が出るので
同じ度数でも小さなフレームの方が収差は少ないです。

 

 
 
 

大きなメガネで歪みを感じたらどうしたらいいの?

mina
せっかく買ったメガネが見えにくかったり違和感があったりしたら悲しいですよね。
①まずはしばらく使ってみる。

先ほどもお話したように「収差」は使っているうちに脳がだんだんと受け入れてくれて、ある程度は慣れてくるものです。
2~3週間使っていたら慣れてきて、違和感無く掛けられるようになった!というケースもよくあります。
 

mina
疲れるようなら休み休みでも良いので、まずは「慣れる」という試みは必要です。
 
 
2~3週間使っても慣れられないようなら・・・
 

②頂間距離が短くなるように調整してもらう。(度数によっては不適切な場合があります)
頂間距離とは
目とレンズの距離。一般的には12㎜が基準とされています。
 
※頂間距離が短くなると・・・
mina
顔に近く掛かるので、収差が視界に入りにくくなります。
注意!
ただし、顔に近く掛かると
・近視の方は度数が強く感じ
・遠視の方は弱く感じます。
 
なので本来持っている度数より、弱めに設定した近視のメガネ(←割とこのように処方する方が多いと思います)とかならこの方法は有効です。
多少メガネを近付けることで度数が強く感じたとしても、本来持っている近視の度数を超えてしまうことはまず無いので。
 
しかし本来持っている近視をそのまま全部入れて処方した場合は、
「加矯正」と言って度数が強すぎる感じになってしまうかもしれないので注意です。
mina
眼鏡屋さんとよく相談してくださいね。
mina
もともと鼻パッドの無いセルフレーム等は頂間距離が変えられない場合もあります。
 
 
 

③度数を弱くする

あんまり弱くしすぎると見えにくくなってしまうので、よく相談しながらの方が良いですが・・・
度数が弱ければ弱いほど「収差」は少ないです。
 
 
 

④あきらめてフレームを小さめにする。

フレームが小さければ同じ度数でも「収差」は感じにくいです。
どうしても慣れられなければ残念ですがフレームを小さくするしかありません。。。
 
 

スポンサードリンク




 

まとめ

度数の慣れに関しては個人差がかなりある部分なので
メガネを大きめに変えても、度数を大幅にアップしても全然違和感を感じない方もいれば
クラクラして慣れられない!という方まで様々です。
 

メガネを大きめに変えて違和感を感じたとき まとめ
・まずはしばらく使ってみる。(最低でも2~3週間)慣れてきます。
 
それでもダメなら
・頂間距離を近付ける。
フレームによっては不可能な場合、度数によっては不適切な場合もあるので注意
・度数を弱くする。
・フレームを小さめにする。
 
いずれにせよ店員さんとよく相談してみてくださいね。
 
最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m
 
 
 
ランキングに参加しています(^0_0^)

にほんブログ村 ファッションブログ メガネ・サングラスへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です